工場長ブログ

2017.06.04

引っ越しました

すっかり更新もされないブログとなっていましたが、元気にしております。

 

 

ホームページの画像の更新をしたのをきっかけにブログも再開する

予定でしたが半年もたってしました。

IMG_7998
 

娘をたくさんの子供たちのいる環境で育てたいという思いからとなりの

大宜味村への引っ越しを2年前より考えておりました。

(今の住まいにある工房にも通えるということも考えて)

 

IMG_7994
 

友人、知人に相談して住まいを探しておりましたがなかなか見つからず、

ちょうど半年前から焦り出していました。

 

親身になって引っ越し先を探してくれた同じ仕事をする大先輩のおかげで

入学式の前日になんとか引っ越すことができました。

 

僕たちは大宜味村の喜如嘉に住んでいます。

 

IMG_8009
 

 

歩いてあそびにいける近所にお友達も出来て

 

本当に引っ越して良かったと思っています。

 

 

 

2015.05.11

ありがとうございました。

 

 

早いものでGWも終わってしまいました。

 

だいぶ経ってしまいましたが4月18、19日と「牛窓クラフト散歩」に出展させて

いただきました。

 

 

 

IMG_4061

築100年以上はなるというこの辺りでも一番大きなお屋敷の門の中にある

事務所として使われていただろうお部屋で展示させていただきました。

 

IMG_4062

 

最寄り駅に降り立ちそこからバスに揺られ牛窓に着いた時は正直、

お客さん来るのかな…?  と不安になるほどのゆったりとした漁村の風景…

 

そんな心配をよそにたくさんの方々がいらしてくれました。

 

 

うれしい再会がありました。 あたらしい出会いがありました。

 

 

 

実行委員会のみなさまをはじめ、今回お会いしたみなさまに感謝しております。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

2015.03.24

出展します

2月に書いたブログを読み直してみると毎日、泣きながら酒飲んで

仕事はしていないように思われそうだと気づきました…ハハ

IMG_3614

2月には工場も完成し、仕事も本格的に再開しております。

 

それでも、まだお届けできずにお待たせしてしまっているお客さま、お取り引きさまがいます。申し訳ございません。

もうしばらくお待ちいただきたく思います。

 

 

実は彼女が元気だった1年前からお誘いいただき出展を決めていたイベントが4月にあり

 

もうしばらくはこの出展のための作品づくりをさせていただきたいと思っております。

 

家事、育児、仕事の新しい生活に戸惑いながら今の自分がどれだけ作れるのか試してみたいのです。

 

このイベントをたま木工の「再スタート」としてしっかりと準備して向かえたいのです。

 

 

 

 

「牛窓クラフト散歩」

 

瀬戸内海の島々を一望できるオリーブ園。

旧き港町の面影を残す牛窓の街並み。

風光明媚な瀬戸内の小さな港町に全国各地から素敵なクラフト作家を呼び、

ひとつ屋根の下で作り手と使い手が出会える「牛窓クラフト散歩」の開催です。

晴れ渡る青空、

朝霧に包まれる海辺の光景、

雨の港町の風情、

天候の影響を受けない街角クラフトフェアならではの牛窓をクラフト作品とともに

お楽しみください。

 

 

・雨天決行 展示会場/オリーブ園内の施設と街並みの空きスペース

 

2015.4.18.sat-19.sun am10:00~pm16:00

 

 

散歩ホームページ

 

2015.02.12

どこを向いても

彼女がおほしさまになり、悲しみにくれる間もなく

彼女の安らぎのためにやらなくちゃいけないことに

追われた日々も落ち着きました。

 

日々の生活に追われながらも、悲しみやさびしさはふっとやってきて

涙が溢れます。

涙は枯れることはないようです。

 

 

過去を振り向かないように未来に目を向けても

僕のとなりにそして、娘の成長のとなりに彼女がいないことをさびしく思います。

今はどこを向いてもさびしさしかありません。

 

今、出来ることは

一生懸命、仕事して

一生懸命、涙して

一生懸命、酒飲んで

一生懸命、生きるのです。

 

いつか、また100%で笑えるように

 

FullSizeRender

 

2014.12.11

おほしさま

IMG_3353            保育所だより

 

 

IMG_3362           彼女の残した詩

 

 

 

 

たくさんの方々にご心配をおかけしております。

そして、たくさんのお心遣いをいただきました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

でも

まだ

かよがいなくなってしまったことがよくわかりません

 

 

 

2014.11.17

 

 

しばらく、仕事の手を止めお休みさせていただこうと思います。

 

 

僕の世界で一番大切な愛しき人の側で手を握り続けたいと思います。

 

 

(ご注文を頂いているみなさまには大変ご迷惑をおかけしております。申し訳ございません。)

 

2014.09.29

工場の土間打ち

 

 

 

 

 

先日、念願の工場の土間打ちを行いました。

写真ではわかりませんが手伝ってもらったのはヤンバルに住む若手売れっ子作家たちです。        (みんなさん忙しいのに恐縮です)

 

写真

 

田村窯のタムさん  室生窯のムロウさん  木漆工とけしのトケシさん 未来の木工作家 ユヅル

 

段取りどおりの仕事とはいかず、みなさんには予想以上の重労働をお願いしてしまいました。       (一輪車で生コンを運ぶという)

 

手伝ってくれる仲間に恵まれ本当にありがたいことです。

 

前日にいろいろあり、ほとんど寝てなかった僕は思いっきり熱中症になってしまいました…

 

みなさんにお願いしたものとしてフラフラでも何とか打ち上げを行いましたが、楽しめるはずもなく…

 

 

打ち上げをやり直したい…

 

 

 

2014.09.29

そんなヒトに

 

今年で37歳

どんなオトナ…  ヒトになりたいか?

 

作り手として、将来はもっと良いモノが作れるとか、売れるようにになりたいだとか、あるのですが…

 

妻の病をきっかけに気づいたこと…

ようやく気づいたコト…

 

「困ってる友にそっと手を差し伸べる事が出来るヒト」

 

たくさんの言葉をいただきました。

 

たくさんの助けをいただきました。

 

本当にありがとうございます。

写真

僕も もっと頑張らねば

 

 

2014.08.07

4人家族

妻が自宅に戻ってきて一か月半が経ちました。

病と向き合う妻は、一時退院をきっかけに「彼女らしく」自宅で治療を行うことしました。

写真

 

僕ら家族も、一人増えて4人家族になりました。

妻の母、キヨさんが東京から来てくれています。

先月までは仕事の都合で週一、東京、沖縄を行き来してくれたタフなキヨさんに心から感謝しております。

 

キヨさんが妻の治療、家のことを手伝ってくれるので、僕も仕事のペースが作れるようになってきました。

 

 

たくさんの方々に、納期をお待ちいただき、ご迷惑をおかけしております。

今 しばらくお待ち下さい

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

2014.06.18

笑顔

 

突然のことに戸惑い、平常を装い、不安にかられ、涙を流した日々

日を追うごとに そのこと を受け入れ前に進んで行く ちから が湧いてきました。

そのちからのみなもとは 娘の存在 と たくさんの方々のやさしさ

 

妻が病と向き合うことになりました。

 

僕ら家族、たくさんのやさしさに感謝しつつ、ゆっくりと前に進んでいきます。

僕らが何よりも大切にしているのはこの笑顔

写真